本文ヘジャンプします
間 伐
樹木の一部を伐採し、本数密度を調整する作業。
間伐を行うことにより、残存木1本当たりの占有空間が拡がり肥大成長や根系が促進され、強風や冠雪に対する抵抗力を高め、下層植生の繁茂を促すことにより表層土壌の流失を防ぎ、森林の水源かん養機能等を維持増進します。
また、うっ閉に伴う直径成長の急激な低下を抑制し、年輪幅の揃った価値の高い材を多く生産する等、森林の経済価値を高めます。
しかし、最近では農業と同じように高齢化や就業人口の減少が荒れた山を増やしています。
そこで下仁田町森林組合では、「森林整備施業委託活動」の活動支援交付金制度を利用し、自分で森林整備(間伐)のできない組合員のために委託活動を行っています。

境界確認作業
山林の所有者立ち会いのもとに境界確認。
境界杭埋設作業
また、杭が紛失しても場所がわかるようにGISで測量データを管理。



未間伐林
樹木が大きくなってくると、森林の中が過密状態になり、日当たりも悪くなって生長を妨げ合います。
間伐作業
そこで、適度に間引くことが必要になります。曲がった木やねじれた木、生長の遅いものを選び、森林全体が均等な密度になるように切っていきます。
間伐作業
間伐された材木は、決められたサイズに断裁され運び出されます。



間伐終了後
きれいに間伐された森林。
間伐終了後
きれいに間伐された森林。
間伐材運搬
間伐された木材は、運び出され様々な行程を経て市場で材木として、又、加工され商品として販売されます。

主 伐
乾燥技術の進歩や大型機械の進歩で、今では間伐、主伐の区別なく伐採が行われるようになってきました。
しかし、今でも良材を採取するために、冬場に伐採をすることが行われています。
冬場の樹木は休眠期に入ると、根からの水分の吸収が少なくなります。そこでこの時期に伐採して、
葉を残したまま3~6ヶ月間山に放置し(葉枯らし)、木に含まれた水分を蒸散させていきます。
木材が軽くなるので、運搬が楽になることと、木の発色がよくなる等の利点があるのでこの方法をする場合があります。

伐 採
ほとんどの伐採は、チェンソーを使って手で行います。
手作業による玉切り
急斜面の山間部や、大型機械の入れられない山林では、人の手で寸法を測り決められたサイズに裁断します。
玉切り
急斜面でない山間部では、プロセッサやハーベスタなどの大型機械を導入し効率的で安全な伐採を行っています。



葉枯らし
葉枯らしをすると、水分が蒸散し運搬するのに楽になります。又、木の発色も良くなり昔から行われてきた方法です。






特 殊 伐 採




◆特殊な伐採はお任せください。

庭や屋敷周りのある小さな木から、電線などに接触しそうになっている木、寺院、神社の境内などで周りに建物などががあり、簡単に切り倒すことができない大木を、上から順番に吊しながら伐採する特殊作業まで、伐採の依頼に応えています。